ワイマックスと年間パスポート

モバイル通信プランを最安で使用したい、という場合、長期契約を条件にして安くできる場合があります。ワイマックスでは一年間の継続使用を条件として、4480円を3880円まで下げることができるようです。この年間パスポートは、通常のUQフラットプランとまったく同じ環境ですし、自宅内でもワイマックスを使用する方であれば、一年を通して使用するというのは一般的でしょう。またこの年間パスポートについては、あらかじめ定められた更新月、つまり解約量が無料になるタイミングを外して解約する場合、解除料が適用されますので注意が必要です。
年間パスポートを適用できないようなMVNOでも、これよりも月額で下回るところもあるようですが、月額だけではいかにも判定できないと言えます。どのようなプランを使用するかについては、通信環境が悪ければすぐにでも解約したいなど、色々な条件が考えられます。またこの場合年間パスポートを選択することはまずないでしょう。ワイマックス自体が屋内でもより良好なパフォーマンスを提供するまで待つという方も多いようですが、解約料金なども常に一定で、より安い、というようなサービス形態が好ましいと思います。

カテゴリー: ワイマックス(wimax) | タグ: , , , , , | ワイマックスと年間パスポート はコメントを受け付けていません。

無線lanと木造2階

無線lan環境に適した住宅、といえば、鉄筋よりも木造のほうが安定しやすい、と言うイメージを持たれている方は多いようですが、どちらかということはあまり関係なく、その他の建物の性質によって異なってくることが多いようです。
木造2階の戸建て住宅のリビングに親機である無線lanルータがある場合、壁を1つ隔てた部屋では約半分程度の速度、また一般的な木造2階の広さの住宅で1階の隅から2階の反対側の隅の部屋までは、約1/4程度の速度ダウンが一般的のようです。
この値は倍速モードを搭載しているタイプの新しい親機と子機を用いての計測結果のようですが、無線lan機器のクオリテイにも関わってくると思われます。100メガクラスのルーターの場合でも隅の部屋でも30メガ出るのであれば、ハイビジョン放送などもストレスなく鑑賞することができるでしょう。
木造2階、あるいはマンション等、環境には様々ですが、新しく購入するのであればメーカサイトの情報なども参考になる場合が多いようです。または口コミサイトやはてな等の投稿サイトなども使いやすいでしょう。最初は多くの方が使用しているような有名なメーカーの新しい機種を使用してみるのが理想に近づけやすいと思います。

カテゴリー: 無線lan | タグ: , , , , , | 無線lanと木造2階 はコメントを受け付けていません。

テザリングと有効活用

携帯電話をスマートフォンに置き換えると、色々なアプリケーションをインストールすることにより、パソコンの代用としてもある程度通用するような機能を持たせることができるようになります。また、スマートフォンならではの機能としては、テザリング機能がありますが、モバイル端末と通話端末を1つのセットにすることが可能になります。
テザリングを有効活用する方法としては、既存のモバイル端末の機能を代用させる他にも、従来の固定回線、つまりフレッツやADSLなどの有線環境におきかえることも不可能ではありません。もちろんフレッツ光ほど早い速度を望むことはできませんが、今ではwimax対応のスマートフォンなどもありますので、その1/3程度の速度は充分に期待できるようです。
このようにテザリングの有効活用についてはコストパフォーマンスがやはり第一に考えられるでしょう。またモバイルでの使用を考えても、携帯電話を持つ代わりにスマートフォンを持つことで、より手軽に携帯してモバイル環境を楽しむことができます。タブレットを持ち歩く場合も、wifi専用機で事足りることになるでしょう。またまさかの場合に備えて回線環境を二重化しておくためにテザリングを有効活用される方もいらっしゃるでしょう。

カテゴリー: テザリング | タグ: , , , , , | テザリングと有効活用 はコメントを受け付けていません。

無線lanと倍速設定

プロバイダー回線が早いものになっても、屋内では無線lan機器間での通信が必要ですので、このレベルで速度が低下してしまってはあまり意味がありません。この場合、倍速設定できるのであれば親機、子機それぞれに設定することで100メガ以上の速度に改善できるタイプのものが多いようです。また親機が対応しているものであれば、子機も対応したものを用いる必要があります。屋内の通信環境は無線lanを予定しているのであれば、この速度調整は必須と言えます。
また名目の速度は充分でも、無線lan環境があまり早くないという場合でも、倍速設定することで改善できますが、その他にも色々な影響が考えられますので、設置場所の変更やアンテナの出力パワーの見直しなども必要になってきます。
倍速設定すると倍以上になる場合がほとんどですが、倍速設定できない子機が他にもあるという場合は通信ができるものもあれば、できないものもあるようですので、無線lan子機全てを変更せざるを得ないケースもあるでしょう。コンバーターなどでも対応しているものがあれば、そちらのほうがリーズナブルに使用できます。有線のものは1ギガクラスのものが多い場合は、こちらでもよいと思います。

カテゴリー: 無線lan | タグ: , , , , , | 無線lanと倍速設定 はコメントを受け付けていません。

テザリングと最安値

携帯電話をスマートフォンに置き換えると、色々な機能が使用できるようになります。また、その中でも目玉といっていいのが、テザリング機能だと思います。テザリングは使い方によってはかなり通信費を抑えることに貢献します。最も採算のよい例が、固定で屋内に敷いているブロードバンド回線の代用とすることでしょう。機種、またキャリアによっては通信速度もそれほど変わらない場合があるようです。
このテザリングする場合に、最安値はどこか、と気になる方も多いでしょう。色々な情報から、イーモバイルの端末が最安値と言えるようです。Pocket WiFi S IIという機種は4580円でテザリング機能が定額で使用できるようです。速度は名目で7メガですので、その半分は可能でしょう。
テザリングする場合に気になるのは最安値に加え、速度です。今ではwimax対応のスマートフォンも登場していますので、40メガクラスのテザリングを利用できるものもあるようです。通信費も5000円台程度とそれほど高くなってしまうということもありません。人気のある機種の場合、高速なテザリングはできない場合が多いようですので、スマートフォンを選ぶ際には慎重にチェックしたいことの1つと言えます。

カテゴリー: テザリング | タグ: , , , , , | テザリングと最安値 はコメントを受け付けていません。

無線lanが断続的に切れる

無線lanに接続していると、環境によっては、断続的に切れることで作業がはかどらない、などの障害が出ることもあります。主には、無線lan用のルーターからの距離が遠ければ遠いほどこの断続的に切れる確率は高くなるようですが、この場合、まず簡単な物理レベルの対策を施して見ることが効果的です。
まずはルーター自体の設置場所についてですが、本体がモバイル接続しているのであればパソコンなどから有線で接続してみて、設置場所を変更してみることが必要でしょう。また、固定回線のプロバイダーであれば、ルーターから振り分ける機器の間に問題がありますので、例えばルーターをできるだけ近くに設置するように工夫をしてみたり、壁や電子レンジなどの障害物が無い場所に置いてみて、速度計測などをすると最適な場所が見つかると思います。また物理的な方法以外では、電波干渉のすくない周波数、5.2G帯あたりに変えてみる、チャンネルを変更して混雑を避ける、あるいは複数台の環境ではIPアドレスが一時的に重複してしまう場合なども考えられますので、振り分けるアドレス体系の見直しなども効果がある場合があります。
無線lanが断続的に切れるとゲームやダウンロードでは障害になりやすく、データのロスにも発展しかねませんので、できれば有線のノードを追加して作業を振り分けるなども考慮すべきでしょう。

カテゴリー: 無線lan | タグ: , , , , , | 無線lanが断続的に切れる はコメントを受け付けていません。

テザリングとギャラクシータブ

ギャラクシータブといえばタブレットとしてはかなり有名な機種ですが、たとえばdocomoのギャラクシータブではインターナショナル版にはあるアイコンが無いものもあるようです。中でもテザリングに関するアイコンとして、Mobile APというものが無く、簡単な方法でアクセスポイント設定できない、という方も多いようです。
また、アンドロイド用のアプリとしてMobile AP Shortcutというのをダウンロードすることで、テザリング設定が簡単にできるようになるようです。このMobile AP Shortcutとは、Mobile APというアプリに対するショートカット、パソコンでお馴染みのデスクトップアイコンのことですので、簡単に起動することができるようになります。脱獄、つまりroot化が不要ですので、面倒な準備も不要です。
テザリングが可能になれば、通信料金についても気になるところですが、キャリアや機種によっても変わってくるでしょう。ギャラクシータブの場合はwifiのみの機種等、テザリングしてもあまり効果がないものもあります。またアクセスポイントになりますのでセキュリテイ設定についても注意しなければならないでしょう。

カテゴリー: テザリング | タグ: , , , , , | テザリングとギャラクシータブ はコメントを受け付けていません。

docomoのテザリングとギャラクシー

docomoの端末でテザリングをする場合外部機器を接続した通信とみなされ、パケット定額プランには10395円の費用が自動的に適用されるようです。テザリング可能な端末を購入する場合は注意が必要ですが、現在のところはdocomoのみがこのような措置を講じているようです。テザリング不可能に設定されているタイプのものもあります。iphoneもそうですが、脱獄してテザリング可能にした場合、請求内容は保障できないという状況のようです。
また、docomoで非公式なテザリングをする、という情報もいくつかあるようです。例えばギャラクシーなどのタブレットを脱獄してから、既存のシステム用データベースにテーブルを追加したり、値を変更することによって可能なようですが、ギャラクシー経由でテザリングする場合の経由ノードがあり、そこを迂回することで非公式な仕様が成立するようです。ギャラクシーといえばアンドロイドのバージョンにも種類がありますが、ほとんどの機種で対応可能なようです。テザリング検地するという方法以外にも対策を講じるかどうかはわかりませんが、脱獄してシステムを変更し、通常の通信経路に変更するだけでは不可能になる可能性は高いかもしれません。

カテゴリー: テザリング | タグ: , , , , , , | docomoのテザリングとギャラクシー はコメントを受け付けていません。

イーモバイルと増幅

モバイル端末を使用していると、場所によっては苦しい通信状況になってしまう場合があります。自宅内で使用している場合でも、長期間安定した通信状況を保つことはなかなか困難ですので、例えばイーモバイルのポケットwifiであれば場所を変更してみたり、無線LAN側の状態を再確認してみることも多くなります。あまり通信環境が不安定のため、どうにか電波を増幅させようと屋上にポケットwifiを設置している、という方もいらっしゃるようですが、せっかく増幅しようとしたのに雨風にさらされたりすると故障の原因になりかねないでしょう。
イーモバイルのポケットwifiの場合はアンテナ端子が内部にもありませんので、設置場所を選ぶことが最優先になるということでマイクスタンドを使用したり、換気のダクトから外に出したりしているという方も多いようですが、増幅したにもかかわらず無線LANの方の環境があまり芳しくなくなってしまっても困ります。
イーモバイルの端末はモバイル用途として出回っているものですが、屋内でも良好な通信速度を維持する場合も多いようです。しかし都市部でも場所によっては屋内は無理というケースもあるようです。契約前に短期間テストできるようなサービスがあれば喜ぶ方は多いでしょう。

カテゴリー: イーモバイル(emobile) | タグ: , , , , , | イーモバイルと増幅 はコメントを受け付けていません。

wimaxと複数台

モバイル通信の主役といえば、wimax、emobile、xiあたりでしょう。今では自宅での固定回線として、また外出先でのモバイルとしても利用している、という方もいらっしゃるようですが、回線速度から考えればとても多くの方が実施されているのではないでしょうか。
またこの場合、通信用端末が複数台あると便利ですが、wimaxではwimax機器追加オプションが利用でき、これによって自宅でも外出先でも違う端末を1つの契約内で使うことができるようです。
例えば自宅でも設置場所を決めていて、いちいち携帯用に場所を変えるのは面倒、という方にとってはうれしいサービスと言えます。複数台の端末固定設置、モバイル用、または仕事用などに振り分けても、料金は一台が月額200円で、最大3台まで使用することができるようです。しかしこの場合、一度に通信できるのは1台のみのようですので、誰かに貸してしまって戻ってこない、などのことが無いように注意する必要もあります。
また故障などを考えると、端末を複数台持つことのメリットは大きいでしょう。オプションで保障サービスに加入して即座に交換してもらえるようにするよりも得だというケースも多いでしょう。

カテゴリー: ワイマックス(wimax) | タグ: , , , , , | wimaxと複数台 はコメントを受け付けていません。